読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漆黒の華よ、開け!

もしもし、わたしプディンちゃん

コントロールビショップ原案

こんにちは、からさわです。

コントロールビショップなんてどうでしょうか



ということで、コントロールビショップなんてデッキを作ったら、ある程度環境でも戦えるんじゃないかなぁ……と思い、記事を書いてみることにしました。(この後、一緒にデッキを作っていきましょう。)


まず概要としては、環境を取っているデッキへのメタ

具体的には

テンポウィッチ
アグロヴァンパイア
OTKエルフ
超越ウィッチ
コントロールヴァンパイア
ランプドラゴン
セラフビショップ
アグロネクロ

に対してある程度メタを張っていけるデッキを目指していきます。

f:id:kigawashuusaku:20170118120930p:plain


とは言っても、どんなデッキにも弱点はつきもの。
全てのデッキを封殺することは不可能です。


なので、もう少し範囲を狭めて
テンポウィッチ
アグロヴァンパイア
OTKエルフ
超越ウィッチ
コントロールヴァンパイア

までメタを張れれば上出来か、と思いながらデッキを組んでいきます。

それでは、デッキを組んでいきましょう


f:id:kigawashuusaku:20170118121240p:plain
それでは、デッキを組んでいきます。


まず、上位2デッキ。


テンポウィッチもアグロヴァンパイアもあからさまな高速デッキ。
早ければ4ターン目に勝負が決まる、、、なんてことも。
まず、これらを回避するためには圧倒的な回復力が必要になります。テミスがあれば……なんて甘えです。(もちろんテミスは3枚必須のカードですが)
ということで、テンポウィッチとアグロヴァンパイアの2デッキをメタれるカードを挿していきます。
テンポウィッチをメタれるカード 計17枚

テミスの審判 3枚
エンシェントレオスピリット 2枚
神魔裁判所 3枚
スレッジエクソシスト 2枚
鉄槌の僧侶 3枚
死の宣告 2枚
クレリックランサー 2枚

アグロヴァンパイアをメタれるカード 計18枚

ユニコ 3枚
ヒーリングエンジェル 3枚
ラビットヒーラー 3枚
教会の護り手 3枚
レディアンスエンジェル 3枚
僧侶の聖水 2枚
大修道女 1枚



をとりあえず、デッキにぶっこんでみました。
もうこの時点で35枚採用しているので、あと5枚ぶんしか枠がありません。
とりあえず、オーディン3枚、サタン1枚、オリヴィエ1枚ですかね……
これは確定だと思っています。



オーディンが確定だと思う理由
熾天使、モルディガイの両方に対応することが可能だから。
コントロールデッキ同士の対決になった時には最終的に粘り勝つことができるようにしたいので、これらのカードには全て対応できるようにオーディンは3枚採用は必須だと思っています。



サタンが確定だと思う理由
フィニッシャーとしての活躍はもちろんですが、僕としてはデッキ切れを防ぐためのカードだと思っています。コントロール勝負で勝ったとしても、デッキがなくなってはどうしようもなくなってしまうので、アポカリプスデッキの10枚をプラスして50枚体制で望めばデッキロスで負けることを防ぐことができるかと。



オリヴィエが確定だと思う理由

コントロール対決になったとき、進化権を切らして相手にアドバンテージを握られることを防ぐため。
オリヴィエは出す時になかなかのリスクを伴うカードなので、2枚も出すことは難しいのではないかと思っているので2枚はさすがに採用しませんでした。



ということで、こんなデッキが出来上がりました。


f:id:kigawashuusaku:20170118123956p:plain


実戦でテストしていない、バハムートが実装されてからビショップを使ったことがないなどの理由から実用的ではなくなってしまっているのですが、


やはり獣姫と聖なる願いは3枚積みたい
ですね。ということで、デッキから抜く6枚のカードを考えてみました。



レディアンスエンジェル 3枚 → 2枚 
 コスト5に対して、回復が3とやや少なめであること。横展開された時にやや弱いカードであることから

鉄槌の僧侶 3枚 → 2枚
 進化権を切らなければ棒立ちするため

スレッジエクソシスト 2枚 → 1枚 
進化権を切らなければ棒立ちするため

神魔裁判所 3枚 → 1枚
 カウントダウンが3であること。どちらも効果の選択がランダムであることから

僧侶の聖水 2枚 → 0枚
 ドローソースとして聖水を構えるのは悠長と感じたため



ここに聖なる願いと獣姫の願いを3枚ずつ採用することになります。


そして、できたのがこちらとなっています


f:id:kigawashuusaku:20170118125556p:plain



フィニッシャー不在。セラフ・ラピス投入


先ほど、サタンにはフィニッシャーとしての使い道もあると書きましたが、逆に言えばそれ以外の勝ち筋がまだ用意されていません。
なので、ビートダウンが難しいこのデッキでは、栄光のセラフ・ラピスを使った特殊勝利を狙っていくことになります。
採用枚数は難しいところですが、僕は一枚で良いんじゃないか、と今のところ考えています。


理由としては
栄光のセラフ・ラピスで勝つことを本命に据えたデッキではないため
8コスで何もできなくなるカードを何枚も積んで腐らせたくない
序盤で引いたらアグロ、ドロシーに殺されてしまうため

という感じですね。


あくまでも、このカードの対策をとっていないデッキ(オーディンを1枚くらいは積んでると思うけど)のメンタルをブレイクするためのカードです。
ドロシーやアグロだったら一枚も挿さないのが普通なので枚数は問題にならないと思っています。
一枚しか入れないことの代わりとして、サーチ要員としてのプリズムプリーストを3枚積むことにしたいと思っています。
ということで、プリズムプリースト三枚とセラフ一枚を入れるための4枚分の枠を新たに削っていきます。
抜くカード
死の宣告 2枚 → 1枚
 カウントダウン1がネックで使いにくい場面が増えるのではないかと思われるため

ユニコ 3枚 → 1枚
 実質回復にはならないため、アグロメタとしての優先度がやや低くなるため

獣姫 3枚 → 2枚
 カウントダウン3が、アグロを相手にした時に使いにくくなるのではないかと思われるため(気高き教理は不採用)

クレリックランサー 2枚 → 1枚
 エンシェントレオスピリットとどちらを抜くか検討した結果、全体除去の可能なレオスピリットの方が使用する場面が多いと判断して


ここにプリズムプリースト三枚とセラフ一枚を挿して、とりあえずコントロールビショップが完成しました。


リンクを貼っておくので、ぜひ使ってみてください。
shadowverse-portal.com


今後、僕も研究を進めていこうと思います。

シャドウバース (Shadowverse)

シャドウバース (Shadowverse)

  • Cygames, Inc.
  • ゲーム
  • 無料

広告を非表示にする