読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漆黒の華よ、開け!

もしもし、わたしプディンちゃん

大学受験の確率についてはじめから解説する。【数学】

こんにちは、からさわです。

応援していけ……!(´◉◞౪◟◉)


人気ブログランキングへ


他にも、こんな解説記事を書いています。


karasawa.hatenablog.com



今日は確率をやるぞ!


f:id:kigawashuusaku:20170110121442p:plain


ということで今回は確率をやっていくわけですが、そもそも確率の定義をしっかり覚えている人ってどれくらいいるのでしょうか?


少なくとも、僕は今まで確率の問題を見たら、なんとなくアヘ顔かまして分数にしてました。



↓ 確率を解く時の僕の顔(イメージ図)


f:id:kigawashuusaku:20170110121640j:plain


まずはしっかり定義からおさえてイキましょう。

定義


f:id:kigawashuusaku:20170110122014p:plain


確率の定義は、起こりうるすべての場合の数の集合をU確率を求めたい事象の場合の数をAとしたときに、Aの数をUの数で割ったものになります。

ちなみに、このP(A)のPはprobabilityのP、つまり可能性、ということですね。

広告を非表示にする