読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漆黒の華よ、開け!

もしもし、わたしプディンちゃん

遊戯王 ターンの流れに関するルール

  • ターンは全部で6つのフェイズで構成され、そのターンをプレイするターンプレイヤーは、6つのフェイズを順番にプレイする。また、バトルフェイズはさらに4つのステップに細分化される。
  • それぞれのフェイズやステップは、お互いのプレイヤーが「カードを発動する」優先権を放棄し、そのとき処理される全ての処理が終わった時に終了する。そのフェイズやステップで、どちらかのプレイヤーがカードの発動や効果の処理を続ける限り、そのフェイズやステップは終了しない。
  • それぞれのフェイズやステップの開始は、そのときのターンプレイヤーが宣言する。
  • 自分、相手の指定がなく『〜ターン後』と記載された効果は、それぞれのターンを1ターンとして数える。
  • 『自分のターンで数えて』などの記載がある場合は、そのプレイヤーのターンのみを1ターンとして数える。

ドローフェイズ

  • ターンプレイヤーはドローフェイズの最初に、デッキからカードを1枚ドローする。これを「通常のドロー」と呼ぶ。
  • 先攻1ターン目のプレイヤーはドローフェイズ前に通常のドローができない。
  • ドローフェイズでターンプレイヤーがドローするまで、どちらのプレイヤーもカードを発動できない。そのため、すでに適用されている効果を除いて、ドローが終わるまではあらゆるカードを発動・処理することはできにあ。例外として、『通常のドローを行う代わりに』適用される効果や、『ドロー前に』発動・処理を行うと記載されている効果の発動と処理は行える。
  • ターンプレイヤーがドローしたあと、カードの発動を行いたい場合、ターンプレイヤーから発動を行える。
  • デッキにカードがなく、ドローすべき時にドローできなかった場合、そのプレイヤーは敗北する。
  • お互いのプレイヤーが「カードを発動する」優先権を放棄し、ドローフェイズが終了した後、スタンバイフェイズが開始される。 

 

 スタンバイフェイズ

  •  カードの発動を行いたい場合、ターンプレイヤーから発動を行える。
  • スタンバイフェイズに発動する効果や適用する効果がある場合、基本的にターンプレイヤーから処理を行う。なお、「サイクロン」などの発動タイミングが定められていないカード・効果を発動したい場合、それらを含めてプレイヤーが任意の順番で発動・処理を行う。
  • お互いのプレイヤーが「カードを発動する」優先権を放棄し、スタンバイフェイズが終了した後、メインフェイズ1が開始される。
  • 「スタンバイフェイズ時に発動する誘発効果」は、その効果の発動が無効になった場合、その後に改めて発動しない。 

メインフェイズ1

  • メインフェイズ1の開始時に、ターンプレイヤーは『そのターンのメインフェイズ1の開始時に発動できる。』というカード・効果を発動することができる。この効果は、ターンプレイヤーがメインフェイズ1の一番最初の行動としてのみ発動できるカード・効果である。
  • ターンプレイヤーが「カードを発動する」優先権を得ていて他のカードの発動や処理が行われていない場合、メインフェイズで以下の行動が行える。

モンスターの召喚

セット 

条件による特殊召喚

反転召喚

表示形式の変更

魔法&罠カードの発動

モンスターの起動効果の発動

魔法・罠カードのセット

ペンデュラムモンスターの魔法としての発動

 

  • お互いのプレイヤーが「カードを発動する」優先権を放棄し、メインフェイズが終了した後、ターンプレイヤーはバトルフェイズを行うか、エンドフェイズを行うかを選択する。 

 

バトルフェイズ

  • メインフェイズ1終了後にターンプレイヤーがバトルフェイズを行うことを選択した場合に行える。
  • 先攻1ターン目のプレイヤーはバトルフェイズを行えない。
  • バトルフェイズは、さらに4つのステップに分かれる。バトルフェイズを行う場合、スタートステップが開始される。 

 

スタートステップ

  •  バトルフェイズを行う宣言をするステップ。
  • スタートステップの開始時に発動する効果や、適用される効果の処理を行う。全てのカードの処理が終わったあと、カードの発動を行いたい場合、ターンプレイヤーから発動を行える。
  • お互いのプレイヤーが「カードを発動する」優先権を放棄し、スタートステップが終了した後バトルステップが開始される。

 

バトルステップ

  • 自分のモンスタ−1体で攻撃宣言を行うステップ。 
  • 何らかの効果が適用されていない限り、1体のモンスターは1ターンに一度だけ攻撃宣言を行える。攻撃が無効になった場合は、基本的にそのターンに同じモンスターでもう一度攻撃を行うことはできない。
  • 攻撃宣言は以下の順序で行われる。
  1. 自分フィールドの表側攻撃表示モンスターの中から、攻撃を行うモンスターを選ぶ→相手フィールドにモンスターがいる場合、攻撃対象となるモンスターを選ぶ。相手フィールドにモンスターが存在しない場合に攻撃宣言を行うと、相手プレイヤーへの直接攻撃となる。
  2. 攻撃宣言した後、攻撃宣言時や攻撃対象になった時に発動する効果や、適用される効果の発動と処理をターンプレイヤーから順番に行う。全てのカードの処理が終わった後、カードの発動を行いたい場合、ターンプレイヤーから発動を行える。
  • 『攻撃宣言時に発動できる。』というカードは、攻撃宣言した時のタイミングでのみ発動できる。そのチェーン状であれば、『攻撃宣言時に発動できる』カードを複数枚発動することもできる。
  • モンスターで攻撃を行わない場合はエンドステップを行う。

  

戦闘の巻き戻し

  •  自分のモンスターが攻撃宣言を行った後、そのバトルステップ中に相手モンスターがフィールドから離れたり、別の相手モンスターが特殊召喚されるなど、相手フィールドのモンスターの数が変化した時には「巻き戻し」が発生する。
  • 効果の処理で1体のモンスターがフィールドを離れてその後1体のモンスターが特殊召喚される場合など、結果的にモンスターの数が増減しない場合でもモンスターの数が変化した扱いとなる。
  • 攻撃宣言を行ったプレイヤーのフィールドのモンスターの数が増減した場合には巻き戻しは発生しない。
  • 巻き戻しが発生した場合、その攻撃モンスターでどのモンスターを攻撃するのか、攻撃対象を選び直す。
  • 攻撃対象を選び直す際に、どのモンスターも選ばず攻撃を取りやめることができる。その場合も攻撃宣言は行った扱いとなるので、同じバトルフェイズではそのモンスターで攻撃することができない。
  • 巻き戻しが発生した場合に攻撃対象を選び直す時は、「攻撃宣言時」の扱いではない。
  • カードの効果によって直接攻撃できるモンスターが直接攻撃を宣言した後、ほかのカードの効果によってそのバトルステップ中に直接攻撃ができなくなった場合にも巻き戻しが発生する。
  • カードの効果処理やチェーン処理の途中でモンスターの数が変化した場合、その処理を全て終えた後に巻き戻しが発生する。
  • モンスターの召喚・特殊召喚時に発動する効果がある場合は、その処理を行った後に巻き戻しが発生する。
  • 巻き戻しが発生するのはバトルステップのみである。ダメージステップでモンスターの数が変化しても巻き戻しは発生しない。

 

ダメージステップ

  •  ダメージステップでは、基本的に「カードを発動する」優先権を得ているプレイヤーでもカードの発動ができない。ただし、例外として、以下の効果を持つカードは発動できる。

カウンター罠

カード・効果の発動を無効にする効果

モンスターの攻撃力・守備力を増減させる効果

必ず発動する効果

リバースした時に発動するモンスター効果

自身が特殊召喚に成功した時に発動するモンスター効果

自身が破壊された時や除外された時、手札に加わった時に発動する効果

 

 

 

ダメージステップ開始時

 

 

ダメージ計算前

 

 

ダメージ計算時

 

 

ATK0の戦闘

 

 

戦闘ダメージ

 

 

ダメージ計算後

 

 

ダメージステップ終了時

 

 

エンドステップ

 

 

メインフェイズ2

 

 

エンドフェイズ

 

 

 

広告を非表示にする